モダンブルー MODERN BLUE

ようこそゲスト様

CAPE HORN

冒険家ジルベルト・フェラーリ氏が、世界各国の猛者が命を懸けて挑むパタゴニア山脈の終着点・ケープホーンに辿り着いたことからブランドの歴史は動き始めます――。
イタリアのベネト州、アリシエーロという小さな町で誕生した「CAPE HORN(ケープホーン)」。その名は南米大陸最南端「TIERRA DEL FUEGO(ティエラ・デル・フエゴ)」諸島の中でも最南に位置する岬、ケープホーンに由来します。1990年、世界の果てとも呼ばれる同岬を訪れたフェラーリ氏は、自身の冒険家としての経験とコスモポリタンな精神を反映したアウターの製作を決意しました。創業当初は本格的なアウトドアコレクションが中心でしたが、人々のライフシーンに沿った「Performance Model」の開発をきっかけに、注目を浴びることとなります。一貫してその根底にあるのは「体験のみが製品を創る」というフィロソフィー。ノルウェーやシベリア、北海道など-20℃を超える地でテストを行い、機能性・デザイン性・素材にこだわった製品は、タウンユースの枠には収まらない高いパフォーマンスを発揮します。また、近年は環境保全にも注力。ニッケルフリーの金属パーツや完全に土に還るファブリックの採用など、地球に負荷をかけない取り組みは多岐にわたります。未だ終わることのないCAPE HORNの冒険。創業時から続くブランドの信念は、実用性として形に現れ、多くの人々を魅了しています。


1

  • 1